Sponsored Link


薄毛の悩みはクリニックで

円形脱毛症は、男性や女性を問わず発症し、特に女性では、妊娠中にもなりやすいようです。原因は様々です。円形脱毛は、一ヶ所から数ヶ所になる場合や、面積ともに薄毛の箇所が拡大し多発性の場合もあります。

小さい子供の円形脱毛では、精神的な面が作用し自分で毛を抜く、抜毛癖の場合があります。白癬菌というカビの一種が毛の中に入りこみ脱毛を生じさせ、膿を持つようなケルズス禿瘡という病気もあります。全体に抜けるエリテマトーデスという膠原病もあれば、部分的に赤みや傷跡を伴い毛が抜ける事もあります。

放置すれば永久的に円形脱毛症に陥ることもあるようです。円形脱毛の治療で、増毛や植毛なども病院に是非相談しましょう。
posted by 円形脱毛治療 | 症状

薄毛改善、髪の毛の周期

髪の毛は、通常の場合、毛周期という周期で抜け替わり、毛周期の中には、成長期、退行期、休止期があります。女性では、出産の後に毛が抜けるのは本来抜けるべき『休止期』の毛が出産後、ホルモンの影響で一気に抜けるものです。この脱毛症状は、生理的なものなので、心配しすぎる必要はないようです。女性の場合、妊娠の後半で、毛の寿命を延ばす働きがある女性ホルモンの分泌が多くなり、その女性ホルモンの機能により、本来なら自然に抜ける毛が抜けないという状態がおこります。出産後、ホルモンバランスが正常に戻る事により、一気に髪の毛が抜けるために気になるようです。ほとんどの場合、出産後二ヶ月から三ヵ月、半年の間で脱毛症状が起こり、もとの毛周期に戻るのに一年程の経過が必要です。円形脱毛症の場合は、成長期の毛が抜けているので、妊娠の場合の脱毛症よりも深刻です。
posted by 円形脱毛治療 | 症状

薄毛、脱毛症の原因|円形脱毛を治療、悩む前に病院へ

円形脱毛の原因は、一番にあがる円形脱毛の原因としてストレスが挙げられますが、自己免疫疾患の可能性も高いようです。円形脱毛症の自己免疫疾患は、成長期の毛根に、リンパ球という白血球の攻撃が引き起こされる事によって破壊され円形脱毛の症状がおこります。

アレルギーも自己免疫疾患の一つで円形脱毛の症状の原因の一つです。自分の体の一部が攻撃されてしまう場合は、すべて自己免疫疾患と考えていいようです。自己免疫疾患だけでなく、始めに述べたようなストレスが、円形脱毛の発症の引き金になることもありますので、ストレスに気をつけることも重要です。

posted by 円形脱毛治療 | 薄毛、円形脱毛症の原因

円形脱毛症を治療、悩む前に病院へ

円形脱毛には、様々な症状があります。10円玉くらいの丸く脱毛した部分ができるのが典型的な円形脱毛の症状で単発型脱毛症と言われています。頭髪が円形に、1ヶ所だけでなく頭部に数箇所抜けるような円形脱毛の症状もあリ、自然治癒率は60%〜70%前後と言われています。多発型脱毛症と呼ばれるもので、繰り返しやすく、頭髪が多発的に抜ける症状です。全頭脱毛症は、数箇所の脱毛症状になっていたものが広範囲になり、頭髪が全て抜けて、髪の毛がなくなってしまう症状で治りも悪く、脱毛症の治療に期間を必要とする場合が多いようです。悪性脱毛症は、頭髪がすべて抜け、まゆ毛、まつ毛、ひげも抜ける症状です。汎発性脱毛症は、全身脱毛症とも言われ、頭髪が全部抜けて、まゆ毛、まつ毛、髭だけでなく、わき毛や陰毛など、その他全ての毛が抜ける脱毛症状です。

このように極端な場合、髪の毛が全部抜けてしまうような脱毛症のタイプ、体全体に脱毛症状が起こる場合もあります。また、円形脱毛は男性よりも女性にやや多いと言われています。女性ではヘアゴムやピンで、円形脱毛を何とか隠しているという方も多いようです。子供に多い脱毛症状が、トリコチロマニア、「抜毛癖」のことで、一種の癖です。この脱毛症状は、所謂、円形脱毛とは原因が違うので、円形脱毛症とは区別されています。子供との対話で治ることも多いので、この場合、髪の毛の治療がいらないのも特徴です。
posted by 円形脱毛治療 | 症状

円形脱毛症を治療、悩む前に病院へ

円形脱毛症だけでなく、脱毛症全般の予防方法として、栄養の良いバランスの取れた食事をとる事、規則正しい生活を送る、血行促進を心がける、頭皮を清潔にすることに尽きます。栄養バランスの取れた食事で、髪の毛に良い食物の筆頭としては、昔からワカメなどの海藻類が良いと言われていますが、髪の毛はたんぱく質からできているため、最も大切なのはたんぱく質と、髪の毛を構成するアミノ酸を摂取することです。良質なたんぱく質を取り入れることが脱毛症の予防に欠かせません。髪の毛を構成するアミノ酸を多く含む食品には海苔、チーズなどの乳製品、豆類などが知られています。

規則正しい生活習慣を心がけることも重要です。髪の毛は夜に成長すると言われますので、夜遅くに食事をすると栄養分を含んだ血液が消化器に集まってしまって、髪の毛を成長させるための栄養分が頭皮まで行き届かないようです。また夜型の生活だと上手く髪が育たないといったこともあります。早めに食事を取り、規則正しい習慣にする事で、脱毛症予防になります。

毛根に血行を行き渡らせるために、頭皮に対する血行促進の適度なマッサージも脱毛症の予防に有効であるようです。また、タバコは血管を収縮させますので、頭皮の血行に悪影響を及ぼすので控えましょう。洗髪をしないような生活が続く場合、頭皮にフケや過剰に分泌された皮脂が、毛穴に詰まり健康な髪が成長しにくくなる原因になり、脱毛症を促してしまいます。円形脱毛の予防のためにも、頭皮を清潔に保つ事が大切です。
posted by 円形脱毛治療 | 抜け毛、円形脱毛症の予防法

薄毛、抜け毛の悩み

円形脱毛の対策法にはどのようなものがあるのでしょう。実は円形脱毛症は、時間が経過すると症状がやわらいで自然治癒する場合が多いのです。しかし、円形脱毛症が完治しても、再発する可能性も十分ありますので、円形脱毛症の再発するようなストレスには十分注意しましょう。自然治癒しない場合、皮膚科専門医の判断によるステロイド外用薬を使うことが多いようです。飲み薬では、肝臓治療薬として知られるグリチルリシンというを使うこともあります。円形脱毛症の際にステロイド系の薬などの使用に関しては、病院の皮膚科専門医に相談することが大切です。

円形脱毛の症状がひどかったり、何年も治らないような場合は、ドライアイスを一週間から二週間に1回局所にあてたり、化学薬品をつけたりする免疫療法も行われているようです。但し、円形脱毛の心配のしすぎには気をつけなければなりません。それが原因となったストレスになってしまいます。円形脱毛の症状が改善しないような場合は、病院や皮膚科専門医に相談する事をお勧めします。
posted by 円形脱毛治療 | 抜け毛、薄毛の治療と薬